ホスピタリティの探求!最高級のホテルを探して世界へ!滞在記などをレポートしていきます

アマネム(AMANEMU)滞在記!②一人で過ごすアマネムの楽しみ方


伊勢志摩にあるアマネムは、広大な敷地にある「棟」ごとにそれぞれの機能を分けています。
設備などについてのご紹介と、お勧めの過ごし方をご紹介していきたいと思います。

アマネムのパビリオン


現実と理想郷(アマネム)の境界線に位置するパビリオンはまさに玄関口。
送迎などの車でアマネムへ来てから敷地内を移動するカートに乗り換えヴィラに向かう場所。
この棟からアマネムが始まると言ってもよいと思います。

アマネムのレセプション棟


このレセプション棟も、よく利用することになります。


アマネムのレセプション。

レセプション棟は、チェックアウトやダイニング、バーラウンジ、ライブラリラウンジ
インフィニティプールへ行く際に通る要所となっています。

自転車のレンタルなども、こちらのレセプション棟で行うことができます。
敷地内を自転車でサイクリングすることが可能ですし、敷地の外へ出ることもできます。
少し遠出をしてみるのも良いかもしれませんね。

レセプションから見る中庭ですが、左手がバーラウンジやインフィニティプール、右手がダイニングです。

アマネムのダイニング


アマネムのレストランは敷地内に1件のみで、朝食も夕食もこちらの建物でいただくことになります。
週末は月内満室とのことでアマネムは大変人気です。一人で来ていたのは私だけでしたが
男性おひとりや、女性の方がおひとりで、と言った方もよく利用されるそうです。

アマネムのバーラウンジ


アフタヌーンティなどを頂くことができます。従来はビュッフェのようですが、今回はプレートでの提供。
アルコールなどは有料になるようです。

天気が良い日は、是非外のサンクンテラス(くぼんでいるソファースペース)でのお茶をお勧めします。
日差しが強かった為か、誰も利用していませんでしたがそよ風と丁度良い気温が最高でした。
独り占めさせていただきました。このスペースを一人で使えるのですから、最高です。

寒い時期でなければディナーの後などライトアップされていますので
ゆったりとした時間を楽しみ夜空を見上げてみるのもよいと思います。
夜は肌寒い時期に行きましたので、食後に利用していたのは私だけでした。
スタッフの方が「コーヒー等いかがですか」と気を使っていただきました。
カップルや夫婦、女性の友人同士しかいませんでしたが、一人で過ごすアマネムは最高です。

アマネムのインフィニティプール


インフィニティプールはスパ棟ではなく、バーラウンジに隣接しています。
塀のような目隠しがあるので、寝転がったり泳いでいる分には
中から見られることもありません。
当日の気温は26度、水温は20度~23度と少し寒そうでしたので
今回は入りませんでしたが、利用されている方はいらっしゃいました。
訪問時は9月でしたが、プールを使う際には8月までが理想的かもしれません。


夏場には奥にあるバーカウンターが営業して色々なドリンクを楽しめると思います。
今度は夏場に訪問したいですね。

アマネムのライブラリーラウンジ


ライブラリーラウンジは文字通りの図書庫。
バーラウンジへ行く途中にあります。人がほとんどいないので、自室以外で勉強したり
静かな時間を過ごしたい時などに便利です。
私もこちらでブログをカタカタ、一人の時間を贅沢に使わせていただきました。

アマネムのフィットネスジム棟


フィットネスジムやサーマルスプリング、スパは離れたヴィラにまとまってあります。
それがこちらのスパ棟。

右手奥にはショップなども併設されていますが、ほとんどが女性ものでした。

棟内はこのような通路でつながっています。昼も夜も素敵な表情を見せてくれます。

アマネムのフィットネス・ジム


エントランスを入って右手がジムになり、運動器具は一通りそろっていました。
今回は朝、ジムを利用したので部屋でトレーニングウェアに着替え
水着とバスローブをもってカートに乗りました。
ここで一時間ほどランニング、そのあとは水着に着替えてサーマルスプリングを利用。
終わった後はバスローブを羽織って自室までカートで送ってもらう。
そんな普段では味わえない体験を楽しんでいました。

普段はバナナやリンゴ等が設置されているらしいのですが、
時勢の影響によりフルーツなどは置かれていませんでいた。
水やタオルなどは設置されています。
誰もいないので、一人で好きに使わせていただきました。

アマネムのサーマルスプリング


アマネムの特徴の一つ、サーマルスプリング。
滞在中は何度でも利用が可能なうえに宿泊当日のチェックイン前や後も利用ができます。
ただ、現在は時勢の影響もあるため予約制での運用をされています。

温泉プールのようなものですが、低温でゆっくり浸かることができます。

時勢の影響で、時間帯予約制での運用を行われていましたが
私は夜と朝の二回、利用させていただきました。
独り占めする夜のサーマルスプリングは素敵です。その景色も格別のものです。
一番浅いところで寝転がって夜空を見上げるのが最高です。

実際にはもう少し暗いのですが、静かな温水浴を楽しむことができます。
こんなに広いサーマルスプリングも独り占めすることができました。

朝食・夕食の時間が空いていてお勧めです。

施設内(更衣室)には、シャワーやサウナも設置されており
通常であればサウナも利用できますが今回は昨今の状況に配慮し、利用中止となっていました。

タオルや水はありますが、バスローブが更衣室に無いため客室から持っていく必要があります。
私は客室で水着に着替え、バスローブを羽織ってカートに乗りここまで来ました。
帰りもそのままバスローブでカートに乗って客室まで。
他の利用者も同じことをするので、よくバスローブ姿でカートに乗っている
方を良く拝見します。
サーマルスプリング利用者もジム利用者も着替えが必要な場合同じ更衣室で着替えます。

アマネムのSPA


スパ(リラクゼーション)は利用しませんでしたが
サーマルスプリングへの入り口から更に奥の通路の先にあるようです。
一度は体験してみたいアマネムのSPA。次回は挑戦してみたいですね。
※画像は公式サイトより。

アマネムのカートは最初は不便に感じても後から愛着が


カートで移動という手間は生じますが、慣れると不便なく使うことができます。
普段行わない行動こそ、楽しんで使いましょう。
そのうちカートに乗るのが楽しくなると思います。
冬場や雨の日はサイドに雨よけをおろしてもらえます。
でも、冬場は暖かい服装で乗りたいですね。

私のアマネムでの過ごし方、最高のひと時


・夜、誰もいないライトアップされたサンクンテラス、寝転がって星空を眺めているとき
・自室の温泉で火照った体を外のテラスに寝そべり心地よい風を感じるとき
・夜のサーマルスプリングで一人、浮かんで星を眺めている時

全てにおいて夜、星空がかかわってきますが
アマネムからはとても多くの綺麗な星を見ることができます。
都会では見られない星空を見ることができます。
是非、夜空を見上げてみてください。

アマネムのホテリストは、サービスレベルが高いので居心地がいいです。
中には優れたホスピタリティを持ち合わせた方もいらっしゃいますので、巡り合えると良いですね。
私も2名ほど巡り合うことができ、そのおかげでアマネム滞在がとても素晴らしいものとなりました。
こちらの記事ではファシリティをご紹介しましたが、ホテルは設備だけではなく人も重要です。
是非、人の方も良い出会いがあること願っております。

<過去関連記事>

アマネム(AMANEMU)滞在記!ソラスイートで伊勢志摩を満喫
・アマネム(AMANEMU)滞在記!③味だけではないアマネムの素敵な食事

アマネムの今回の予約は「一休.com」から


「一休.com」より行いました。
GoToトラベルキャンペーンが対象外でしたが、それでも割引が適用され
さらにソラスイートへのアップグレードがついていたので
利用させていただきました。大変お得でした。
GoToトラベルキャンペーンも一休からなら余計な手間いらず
書類なども不要ですべて一休が行ってくれます。
是非、「一休.com」からの予約をお勧めしたいと思います。

「一休.com」でアマネムの予約プランを見てみる

一休.comからの予約でも、予約後に、アマネムの公式問い合わせを使うことができます。
私の場合、一休.comで予約をした後に、公式サイトのフォームより各施設の利用時間や
送迎に関する連絡調整をメールベースで行わせていただきました。
アマネムのメール対応は迅速かつ丁寧、素晴らしいと思います。
上手く活用してみてください。

最新情報をチェックしよう!