アマン東京で優雅な食事「アルヴァ」「ザ・ラウンジ」「ルームサービス」を堪能

アマン東京には食事を楽しむことができるいくつかのダイニングやサービスがあります。
イタリアンレストランの「アルヴァ」「ザ・ラウンジ」そして「武蔵 by アマン」。
今回は「アルヴァ」「ザ・ラウンジ」「インルームダイニング」の模様をお届けします。

アマン東京のイタリアンレストラン「アルヴァ」

アマン東京を代表するイタリアンレストラン。
今回はディナーで利用しましたので、ご紹介したいと思います。

18時に予約をしていきましたが混雑が始まったのは18時30分過ぎから。
予約をされていく事をお勧めします。

今回は、アラカルトでいただきました。
以前宿泊したアマネムの物量攻撃にやられたことと
「好きなものをチョイスして食べたい」という観点からコースはご遠慮しました。

今回オーダーしたのは下記の料理。

・アンティパストは無し
・プリモ・ピアットは「スパゲッティ セタロ 塩鱈と四角豆 鱈のボッタルガ」
・セコンド・ピアットは「天然真鯛のソテー」
・コントルノは無し
・チーズは無し
・ドルチェは「栗とプラリネのミレフォーリエ」
・ドリンクは「ビール」

このような感じで、気になったものを選択し以上の4点。

食事はサービスのアミューズからスタート。

続いてフォカッチャなどもサーブされます。

プリモ・ピアット
「スパゲッティ セタロ 塩鱈と四角豆 鱈のボッタルガ」

口直しに「バジルのシャーベット」

セコンド・ピアット
「天然真鯛のソテー」

ドルチェ
「栗とプラリネのミレフォーリエ」

今回はアラカルトで楽しんでみましたが、好きな物をチョイスできるのはとてもいいですね。
高級レストランだから「コース料理」という発想はもう不要ですね

お料理の方の総括ですが、パスタは薄味で素材の風味を生かした仕上げに。
天然真鯛のソテーは少ししょっぱさが強かったのですが、パンなどと合わせると程よく。
おしゃれな印象の方が強かったですが、しっかりと味も楽しむことができました。

2020年10月末時点の「アルヴァ」の営業時間は以下
・昼 午後12時から2時30分まで
・夜 午後5時30分から10時まで(ラストオーダー午後8時)
 休業日 月曜日、火曜日(祝日と重なる場合は営業)

ザ・ラウンジ by アマン

ザ・ラウンジはロビーラウンジ、アマン東京のサンクチュアリである
ロビーガーデンに隣接しています。

ブラックアフタヌーンティ等で有名なアマン東京のアフタヌーンティも
こちらの「ロビー・ラウンジ」で提供していただけます。

丁度ハロウィンの時期で期間限定のカクテルを提供していましたので
「ハロウィンカクテル」を頂きました。

アマン東京といえばマティーニ。
二杯目は王道ですが、「クラシックマティーニ」を頂きました。

BARですが、大人のBAR。静かでわちゃわちゃしていないのがとて好きです。

カップルやビジネスで来られる方が多く、ソロの方はあまりおられませんでした。

デザートは
「チョコレートのムースグラッセ木苺のソルベとカカオチュイル」

アルヴァでいただいた「栗とプラリネのミレフォーリエ」も
美味しかったですが、こちらもおいしくいただきました。

昼過ぎは女子会の場所、夜はデートスポット、といったところでしょうか。

2020年10月末時点の「ザ・ラウンジ by アマン」の営業時間は以下
・正午から午後9時まで(ラストオーダー午後8時)

アマン東京のルームサービスで「朝食」

朝食付きの宿泊プランの場合は、「和食」と「洋食」から選ぶことができ
洋食(アメリカンブレックファスト)を選ぶ場合
メインディッシュを1品、サイドディッシュを2品選ぶことができます。

今回のメインディッシュ
・アマン東京オリジナルエッグベネディクト
 ハム マッシュルームラグー 法蓮草 オランデーズソース

「アマン東京オリジナル」と書くところがずるいですね、頼まざるを得ません。

そしてサイドディッシュ2品
・スモークサーモン
・アボカドハーフ

他にも数種類ありましたのでバリエーションは豊富であった印象です。

エッグベネディクトのソースはバルサミコ酢のツンとする匂いがしましたが
予想外にも味はマイルドで酸味が無くとてもおいしいソースでした。

アマン東京オリジナルのエッグベネディクトはおいしかったです。
これはお勧めいたします。

久しぶりにパンを食べましたが、アマンのジャムが合います。


とくにはちみつは最高です。

デザートにヨーグルトとメロンを頂きました。
とてもフレッシュでみずみずしくおいしかったです。

ルームサービスですとどうしても少し料理が冷めてしまうデメリットがありますが
美味しくいただくことができ、また周りも自分しかいないため
ゆっくりと朝食を楽しむことができました。

アマン東京の食事のまとめ

一人での利用が多いので、ホテル内レストランでの「アラカルト」は重宝します。
ロビー・ラウンジも上手く使うことで仕事終わりなどにも立ち寄れ非常に
活用しがいがあると感じました。

味に関しても、とても上品。味だけでなく見る目も楽しませてくれる
レストランの食事でした。

<一休.comで「アルヴァ」のプランを見てみる>
<一休.comで「ザ・ラウンジ by アマン」のプランを見てみる>

朝食はルームダイニングで採るのは初めてでしたが、とても楽です。
ただ、温かいものが冷めかかってしまうというデメリットはどうしてもあります。
その為、ルームダイニングならホットミールよりコールドミール中心の方が
良いかもしれませんね。

アマン東京滞在ではかなりの食事を頂き、満足した滞在となりました。

<一休.comで「アマン東京」のプランを見てみる>

■他のアマン系ホテルに関する記事

アマン東京(AMAN TOKYO)プレミアルーム・キング滞在記!大都会のサンクチュアリがここに
アマン東京(AMAN TOKYO)滞在記!大人気のプールや温浴施設の紹介

アマネム(AMANEMU)滞在記!ソラスイートで伊勢志摩を満喫
アマネム(AMANEMU)滞在記!②一人で過ごすアマネムの楽しみ方
アマネム(AMANEMU)滞在記!③味だけではないアマネムの素敵な食事

最新情報をチェックしよう!