旅行に関する情報の発信や飛行機・ホテルのレポートを紹介していきます。

アマン東京(AMAN TOKYO)滞在記!大人気のプールや温浴施設の紹介


アマン東京には様々な施設があります。
今回利用できたものをご紹介していきたいと思います。

アマン東京の大人気プール


全長30mの温水プールは、その眺望からアマン東京では
大人気の施設となっています。
GoToトラベルの影響もあり、今回はチェックイン後の15時30分に入れるか確認をしたところ
5組待ちとのことでした。

結局、順番が回ってきたのは2時間後の17時30分。
人気ぶりがうかがえます。当日に利用できず翌朝に利用される方々もいらっしゃいました。

アマン東京のプールが人気なのは、やはり「眺望」です。
昼も夜も素晴らしい表情を持っており、普段であれば回数制限などが
無い状態であれば日に何度も訪れる方は多いと思います。

今回はGoToトラベルキャンペーンの影響もあり、
プールはカップルよりもお子様を同伴したご家族の訪問が多い印象でした。
部屋で着替えてバスローブで来ることもできますし、温浴施設の更衣室で着替えてくることも可能です。

プールサイドのベッドはシングル、ツインで分かれており
家族やカップルらはツインの方にアサインされていました。
タオルはベッドに用意されています。
バスローブは部屋から持っていきましょう。
水はプールサイドにペットボトルで置かれていました。
次回は、人数制限などの運用が無いタイミングゆっくりと利用したいですね。
水着に関してはレンタルは休止中ですが、購入はできるようです。
直接聞いてはいませんが噂ですと結構良いお値段とのことですのでご確認とご注意ください。
アマン東京のプールは2020年10月現在、チェックイン後の当日予約制ですが
宿泊者は無料で利用することができます。

プールは33階のフィットネスジム・スパと同じフロアにあり
34階からエレベーターで33階へ降りる形になります。

アマン東京の温浴施設(バス・サウナ)


アマン東京の温浴施設(大浴場兼更衣室)は、34階のスパ受付の奥にある
階段を降りたプールと同じ階層の33階にあります。
男女で分かれており、更衣室で「まっ裸」になってお風呂(温浴施設)行きです。
私の場合、ジムでひと汗かいたのちにそのまま温浴施設へ。
バスローブや着替えなど持っておりませんでしたが、
温浴施設にタオルや浴衣がありましたのでそれを借りることができました。
この導線、凄く助かるんです。都度部屋に戻る必要がありません。

室内は撮影禁止なので公式サイトからお借りしています。
靴は入り口で脱いでスリッパに履き替えます。
更衣室はロッカースタイル。アマネムと一緒でした。
電子ロック方式で自分のパスワードを入れてロック・解除。
ドライヤー、アメニティ、スキンケア等が取り揃えてありました。
室内はシャワーブースが2つ、スチームルーム(スチームサウナ)
洗い場が3つ、大浴場があります。水風呂はありませんが水桶があるので
それを被る形になります。
また、バスタオルやボトルのウォーターなども浴場内に設置されています。
ふと思いましたが、アマン東京はプールもよいのですが
この温浴施設はあまり利用されている方がおらず空いています。
また、この景観マンダリンオリエンタル東京やシャングリラなどが
見渡せる景色は最高です。温泉質ではありませんが、昼も夜も訪れたい場所です。
個人的に、ここの温浴施設が気に入りました。
温浴施設は現在当日の予約制ですが、宿泊者は無料で利用できます。

アマン東京のフィットネス・ジム


スパの受付で部屋番号を伝えれば、自動的にジム内のスタッフさんにも
伝わっているためジムで改めて受付をする必要はありません。
トレーニングウェアや靴に関しては、公式サイトではレンタルしていないと
記載がありましたが、チェックインでの案内ではレンタル可能とのことでした。
都度オペレーションが変わるようですので、事前に予約センターへ
確認することをお勧めします。

ジム内には、タオル、オーディオテクニカのヘッドホン、バナナ、ボトルの水
アルコール消毒液が設置されていました。

意外と広く、器械運動器具も所狭しと並んでいます。

走りながら眺める景色が最高です。

東京のど真ん中、33階の外資系最高級ホテルのジムから
東京の街並みを眺め、無心でランニングを楽しむ。
そんな現実が楽しく思えます。

クローズとなったもの

ライブラリーラウンジは、ブティックになってしまったそうで
現在は運用されていません。
さらに、ブティックは時勢の影響でクローズとなっており残念ながら
見ることはかないませんでした。

アマン東京のファシリティのまとめ


東京の一等地に構える最高級のホテルに相応しい施設でした。
オペレーションなど、運用面での改善はまだ可能だと思いますが、
人の入りや時勢の影響も落ち着き、アマン東京本来の上品さが
訪れた時に改めてゆっくりと訪問したいと思います。
今回は一休.comを利用してアマン東京の予約をしましたが
時勢の影響もあり、ホテルクレジット付きのプランで宿泊でき料金も非常に安く済みました。


<一休.comで「アマン東京」のプランを見てみる>

■他のアマン系ホテルに関する記事
アマン東京(AMAN TOKYO)プレミアルーム・キング滞在記!大都会のサンクチュアリがここに
アマネム(AMANEMU)滞在記!ソラスイートで伊勢志摩を満喫
アマネム(AMANEMU)滞在記!②一人で過ごすアマネムの楽しみ方
アマネム(AMANEMU)滞在記!③味だけではないアマネムの素敵な食事

最新情報をチェックしよう!