飛行機からホテルへ!最高級のホテル「Luxurious Hotel」を探して世界へ!

ANAファーストクラス THE Suite 搭乗記 羽田→ロンドン

ファーストクラスなんて無縁だと思っていた昔が懐かしく感じます。
世間ではファーストクラスに搭乗した方々の記事が多く存在し、
私も色々と勉強させていただきました。
そして今回、ついに国際線のファーストクラスに搭乗することができました。
ANA(全日空)羽田空港発、ヒースロー空港行の新機材777-3000ER【THE Suite】の搭乗記です。

ANA国際線ファーストクラス THE Suite Check-In

ANAの羽田→ロンドン路線のファーストクラス相場は、現金で140万~270万円
それが、マイルを利用すると16万~18万マイルで搭乗することができます。
搭乗前に嬉しい知らせとなったのが、ANAが新たに導入した[THE Suite]
搭乗前の機材変更により、往路・復路共にファーストクラスの[THE Suite]を利用
することになりました。

ファーストクラスのチェックインはレッドカーペットでのチェックイン。
丁寧な対応は「当たり前」といったおもてなし。
ANA SUITE CHECK-INと呼ばれる、ファーストクラス利用者または
ANA上級会員のダイヤモンドメンバーの方が利用できる
優先チェックインカウンターを利用することができます。

ダイヤモンドメンバーの皆様が良く利用されているそうですが
ファーストクラスの搭乗で初の利用となりました。

ファーストクラスのボーディングチケットを発券。
チケットにはファーストクラスの「F」の文字が!

羽田空港国際線ターミナルには上級会員やFクラス利用者が保安検査場を
優先的に通過できる「プライオリティレーン」があります。
ダイヤモンドメンバー・プラチナメンバー・SFCの利用者が使用でき
一般の方が入場している保安検査場へのレーンの右手
2番が該当レーンとなっていました。

ファーストクラス利用者が使える「ANA SUITE LOUNGE」 訪問

スイートラウンジの訪問記はこちらをご覧ください。
ファーストクラスの利用者、またはダイヤモンド会員が利用することができる
特別なラウンジでカードラウンジ等とは比べ物にならないほど充実した
空間があります。

ファーストクラス利用者は優先搭乗ができます

ファーストクラス・ダイヤモンドメンバー優先レーン、意外と利用者が多いです。

結構な利用者がおられますが、内4名がファーストクラス利用者でした。

こちらはビジネスクラス搭乗者又はプラチナ会員の優先搭乗列。

世の中、航空会社の上級会員又はビジネスクラスの利用者がこんなにもいるようです。

復路でチーフに聞いた話によると、ファーストクラス席は満席だったとのこと。
需要があるようで何よりです。

ANAファーストクラス THE Suite ボーディング

いよいよファーストクラス[THE Suite]へ。
いつもはエコノミーなので右に行きますが、今回はファーストクラス!左です。

広い、とにかく広い!それがファーストインプレッション。
モニターが、モニターを超えて…TVサイズ43インチの4Kモニター。
家にTVは無いのですが、実家のTVよりはるかに大きい。
CAさんも「テレビ」って言ってました(笑)

179cmの私でもゆったりできるこのスペース。
アメニティやWifiカード等がきれいに並べられております。
カップルや夫婦、ビジネスMTG等の利用で反対側にも一人対面で
座れるようになっており、一緒に食事や会話を楽しむことができます。

※上写真はANA公式サイトよりお借りしています。
こちらジャケット収納ができ、私もジャケットを格納させていただきました。

一つの大目標を達成できて、しみじみ。非現実的な状況を楽しみます。
ウェルカムドリンクやCAの皆様の挨拶が来る前に細かなところを見ていきます。

まずはリモコン、このリモコンでもコンテンツを表示させることが可能です。
大モニターでは映画を、リモコンではフライト情報を、という使い方も可能です
端末操作も簡単で、タッチパネルディスプレイも非常に使いやすいです。

シートモニター、押している間だけ動作します。シートも自在に調整できるので

機内ではリラックスした姿勢を取ることができます。

こちらの左右に動かすロールのシートコントロールでも、椅子の調整が可能です。

電源周りは、USBポート、HDMI、ユニバーサルタイプの電源があります。

小物入れ、パスポートやケーブル類などを格納しておくことが可能です。

荷物置き場、御覧の通り大きな収納スペースがあります。

勿論頭上の収納(オーバーヘッドコンパートメント)にも格納スペースがあります。

アメニティポーチとSONYのノイズキャンセリングヘッドホン。

アメニティはイギリスの「グローブ・トロッター」とのコラボ
コレ、誰も書いていなかったのですが誰も何とも思わなかったのでしょうか。
サイズが大きくて、笑ってしまいました。後日比較の模様をお伝えします。

中には「GINZA」のコスメ。
・クリーミークレンジングフォーム
・エッセンスエンパワリング(デー)
・エッセンスエンパワリング(ナイト)

エッセンスエンパワリングはトリートメント、日焼け止め効果もある
高級な美容液でなんと45mlで18万円!!凄すぎて良くわからない、とはこの事
アメニティは1本5mlなので、2万円……。
2本入っているので4万円。

クリーミークレンジングフォームは130gで6,000円と急にかわいく見えてきます。
アメニティは5gですので、約230円。なんだか金銭感覚が狂いそうです。

他にも、歯ブラシやアイマスク、耳栓等。ANAのアメニティセットが入っています。

SONYのノイズキャンセリングヘッドホンはかなり高精度でノイズを遮断してくれて

映画鑑賞などを快適なものにしてくれます。

リラックスウェアには「どうぞご自由にお持ち帰りください」の文字が。
持って帰る方が多い為かプリントされたようです。

離陸前にウェアに着替えるかを確認されます。
今回はトイレが着替えで混んでいたのと、バタバタしたくなかったので
離陸後でお願いしました。

Wifiは無料で使用でき、裏のコードを入力して利用します。

お隣のシートは空きだったので撮らせていただきました。
フライト中USBポートの調子が悪かったので、この席も実は使わせていただきました。

※上写真はANA公式サイトよりお借りしております。
扉はこのように締まるようになっており、完全に個室化することができます。

ANAファーストクラスTHE Suite(羽田→ロンドン)のトイレ

綺麗で清潔感があり、そして広さがあり着替えるのも楽です。

便座も洗浄機までついています。

アメニティも「歯ブラシ」「マウスウォッシュ」「ボディシート」
「紙コップ」と揃っていて、さすがです。

手を拭くのは綺麗に丸められたハンドタオルで、利用後は床等も綺麗にしておきましょう。

写真には写っていませんが、資生堂のモイスチャーライジングエマルジョンも
備え付けられております。

ANAファーストクラスTHE Suite(羽田→ロンドン)離陸

利用機材は、ボーイング777-300ER国際線仕様機。
エミレーツで先に乗ってしまいましたが、ようやく念願のANAで搭乗。

ANAのファーストクラスを担当するCAさんは社内の資格を保有されている方で
いわゆるお墨付きの皆様です。
チーフパーサーと2人のファーストクラス担当のCAさんが
ご挨拶に来てくださいました。

そしてウェルカムドリンク「水」「オレンジジュース」「シャンパン」が
注がれた状態でやってきます。

例にならい「シャンパン」を頂きます。私は離陸前に飲み切らなかったのですが
飲み切れない場合は、離陸時に一度回収されます。

離陸してから再びシャンパンがサーブされました。

機内では、ANAのアメニティ(イヤホン、リップクリーム、歯ブラシ等々)をもらうこともできますので必要があればオーダーしてみるのもよいのではないでしょうか。

ファーストクラスTHE SuiteのベッドメイクはCAさんにお願い

※上写真はANA公式サイトより

ファーストクラスの座席はフルフラットにすることができます。

※上写真はANA公式サイトより

CAさんにベットメイクをお願いするとベットを作ってくれます。

もう普通のベッドにしかみえません。空の上、飛行機の中とは思えない絵です。
掛け布団も肌触り良く、枕も柔らかくスヤスヤと快眠できそうです。

到着前にはファーストトラック利用券

食事や映画鑑賞をしてファーストクラスで過ごす12時間は速く感じます。
着陸が近づくと入国審査をスピーディに行えるファストトラック利用券がもらえます。

今は、日本人ならe-gateも使えますのでどちらの利用でもよいと思います。

e-gate導入により「入国カード」「税関申告書」の記載は無くなっております。

CAの皆様と仲良くさせていただき、お土産までいただいてしまいました。
最後まで何度もご挨拶してくださり、ありがとうございました。

そして、「空の日」。しっかりといただいてしまいました。

ANAファーストクラスTHE Suite(羽田→ロンドン)まとめ

人生初のファーストクラス、全く寝れませんでした(笑)。
後日の食事編の記事でも記載しますが、胸焼けして苦しみ続けてたのが
要因だと思いますが…これで長距離路線はどこへ行っても
往路は寝れないということが証明されました(泣)
今後のフライトで寝るのは諦めたいと思います。

CAさんの対応に関しては素晴らしいの一言。個人差はあると思いますが。
中にはエコノミーやプレエコ、ビジネスにもFクラスの資格保持者が
いらっしゃることもあるのでそこで体験はできるのですが
非常にストレスなく快適でした。

Wifiに関しては、ロシア上空を通過中接続できない時間が長かったので
早めに作業等は終わらされるのが良いと思います。

離陸後から食事前半まで仕事の差込が入り対応に追われ
バタついていたので食事の準備をするCAさんのお手間になってしまいました。
いやはやお恥ずかしい。

今回、ファーストクラスを初体験して新たな世界を知ることができました。
使う・使わない、や費用対効果がどうのこうのの世間の論争は置いておいて。
ファーストクラスのサービスがどういうものかは体験し、知ることができました。
マイルや飛行機の知識を習得し始まって2年。
一つの大目標である、ファーストクラス搭乗を達成しました。
知識と行動は自分の世界を広げてくれます。

どんどんチャレンジしていきましょう!
次回は往路、食事編をお届けしたいと思います。

続きはこちらから↓

ANAファーストクラス THE Suite 機内食 羽田→ロンドン

ANAファーストクラス THE Suite 機内食 ロンドン→羽田

 

最新情報をチェックしよう!