コンラッド東京 滞在記!汐留の高級ホテル「エグゼクティブベイビューキング」を紹介

東京の汐留にあるヒルトン・ホテルズ&リゾーツの高級ブランドホテル
「コンラッド東京」に宿泊しましたので様子をお届けいたします。

コンラッド東京の場所

ゆりかもめ「汐留駅から徒歩2-3分」、JR新橋駅からも
地下でつながっている為、歩いていくことができます。

新橋駅から地下を通って行く場合、丁度コンラッド東京の入っているビルの前にエスカレーターで
上がってくる形になります。

コンラッド東京は「東京汐留ビルディング」の28階から37階にあります。

コンラッド東京のチェックイン

28階のレセプションでチェックイン。エグゼクティブフロア、ダイヤモンドメンバーは
27階のエグゼクティブラウンジでもチェックインを行うことができます。

コンラッド東京の「エグゼクティブベイビュールーム」

今回宿泊したのは36階の「エグゼクティブベイビュールーム」48㎡です。

コンラッドベアとコンラッドダックがお出迎え。
こちらプロモーション品となっていて持ち帰りが可能です。集めている方も多いですね。

客室内の調度品は、モダンにまとめられていてとてもきれいな造りになっています。

机ではなく円テーブルにするあたりがおしゃれ。

窓のソファーは眼下に浜離宮を見渡すことができ
遠方にはレインボーブリッジ、お台場、ヒルトン台場やグランドニッコー台場が見え
カップルで過ごす夜景スポットとしても最高だと思います。

冷蔵庫のミニバー、有料ですがアルコールも入っています。

バスルームの大きな鏡が特徴的。

バスルームとベッドルームは丸見えですが、しっかり自動開閉式のブラインドが付いています。

バスタブとシャワーは独立。
シャワーはレインシャワー付きで水圧も強く快適です。

アメニティは「シャンハイタン」という上海のアパレルブランド。
お茶の香りが特徴的な香りで癒されます。

コンラッド東京は、アメニティを無料で追加変更することが可能です。
私もお願いして「リファイナリー」のバスアメニティへ。

イギリスのブランドで、香りはリッツカールトン等で使用しているバスアメニティ「Asprey」と同じ。
お茶系の香りが苦手な方はアロマの香りを持つ「リファイナリー」をお勧めします。

コンラッドのタオルは少し固めですが、スリッパは厚みがあり、バスローブは柔らかめでした。

櫛やコットン、綿棒、シェーバーなどは見えないように全てケースに収納されています。

クローゼットは傘などを収納する個所と衣類を収納するエリアに分かれています。
特出したものは無し。バスローブとは別に、ナイトウェアが用意されていました。

18h30頃にターンダウンで訪問がありました。昨今の影響もあるので
ターンダウンは無いかと思いましたが、2人のスタッフが行ってくれました。

アメニティの補充やナイトテーブルへお水を置いてくれます。

コンラッド東京のエグゼクティブベイビューキングは和モダンな
とても落ち着きのあるお部屋でした。
ベッドも大きく、48㎡の広々とした空間はとても贅沢。

少し曇っていましたが、夜景もとても綺麗でした。

コンラッド東京の予約は一休.comから

一休.comの特徴は、公式サイトよりも安価な値段設定になっていることが多いのと
様々な特典プランが用意されていることにあります。
タイムセールなどのプランを見つけたら利用してみることをお勧めいたします。

・一休.comでコンラッド東京のプランを見てみる

<関連記事>

・コンラッド東京 滞在記!汐留の高級ホテル「エグゼクティブベイビューキング」を紹介
・コンラッド東京 滞在記 一度は訪れたい「水月スパ&フィットネス」
・コンラッド東京 滞在記 エグゼクティブラウンジとセリーズの朝食

最新情報をチェックしよう!