ザ・リッツカールトン東京 クラブフロア滞在記!知っておくべき4選!!

ザ・リッツカールトン東京クラブフロアに宿泊しました。
このブログでは滞在記と知っておいた方がお得に泊まれる3選を書いていこうと思います。

目次

アクセス

最寄りまで電車で行く方は、周辺にJRが無い為地下鉄六本木駅まで行くことになります。
東京駅などの主要駅からタクシーと言う手が一番楽かと思います。
ホテルの駐車場は、1泊1台につき6,000円(バレーサービス料金含)となっています。

ホテルリムジンがBMW7シリーズとなっており、1h当たり10,000円のようです。
羽田空港などからお越しの場合に、思い切ってお迎えに来てもらうのもありかもしれませんね。

ザ・リッツ・カールトンとは

大元はパリにセザール・リッツが開業した「ホテル・リッツ」と
ロンドンの「カールトン・ホテル」が関係しています。

セザール・リッツが亡くなった後、北アメリカで「リッツ・カールトン」の
商標権をアルバートケラーが獲得。「リッツ・カールトン投資会社」を設立し
ボストンにリッツカールトンを開業したことが始まりとなります。
ここで完全に元の「リッツ」とは別の会社になる形です。

さらに買収などを経て「ザ・リッツ・カールトン・ホテルカンパニー」と
名前を変え、全世界でのリッツ・カールトンの商標権を獲得後
マリオットインターナショナルの参加に加わり現在に至ります。

変わらないのは伝統です。

ザ・リッツ・カールトン東京宿泊

今回は東京駅からタクシーで向かいリッツカールトン東京の車寄せへ。

B1階の車寄せから、45階のエントランスへあがりゲストリレーションのエスコートを受けます。
そして53階のクラブラウンジでチェックイン。

チェックイン時に「記念日」であれば、必ずスタッフさんに伝えましょう。
恥ずかしくありません、むしろホテルスタッフの方はこの情報を欲しているのです。
体感するサービスの質が変わることは間違いありません。

今回宿泊したのは「クラブフロア」。ラウンジのある53階となりラウンジアクセスが最高です。

誕生日おめでとうのチョコレートを頂きました。

記念日を伝えているのと伝えていないのでは全く対応が異なります。

バスルームはツイン。

Ritz Carltonのバスアメニティと言えば「Aspry」。英国王室御用達。

ドライヤーは「レプロナイザー4D」。当ブログをご覧いただいている方は既知かと思いますが
高級ホテルにはこのドライヤーでしょう。

クラブラウンジでチェックインの際に、「アフタヌーンティー」も一緒にいただきました。

ここでも「ハッピーバースデー」のお気持ちを頂き、サーブに来るスタッフの皆様から
お祝いの言葉を頂きました。

リッツカールトン東京のフードプレゼンは5回。
・朝食 7h~10h30
・軽食(お昼的な 11h30~1h30
・アフタヌーンティー 2h30~4h30
・ディナー前のオードブル 5h30~7h30
・スイーツ&コーディアル 8h00~10h00

※時間については変更になる可能性もある為、公式サイトをご確認ください。

ディナー前のオードブルは1hの時間制限と当日の予約が必要です。
短いように感じるかもしれませんが、十分な時間ですのでご安心を。

ディナーの時間はチェックイン時に確認されますので、あらかじめ決めておくとよいでしょう。
「ディナー前のオードブル」とは言う物の、実際には皆さまこちらで
がっつり食べて飲んで、になるので実質「ディナー」と言っても良いかと思います。

味は間違いなしの品々、ラウンジの食事はホテル内のレストランが持ち回りですので
色んな特徴を楽しむことができるのでお勧めです。

ビュッフェ形式ですが、グルテンフリーなどにも対応しているようです。
希望する方はスタッフの方に伝えてみるのが良いと思います。

クラブラウンジは滞在時間の制限を掛けるぐらい人気。色々写真を撮る物のほぼ満席状態。

あっという間に日が落ちて雰囲気もぐっと良くなります。アルコールも回った訪問客らで
わちゃわちゃ感が強くなります。

クラブラウンジから退散し45階にある「THE BAR」で落ち着いて一杯。

こちらの「THE BAR」はカウンター席の営業に予約制限や利用制限が入っていることがあります。
今回訪問時にも「カウンター席は終わってしまいました」と告げられ、1組のカップルが終始利用していました。
これはそのカップルに対するホスピタリティ的な匂いを感じましたので、カウンター席を望まれる方は
チェックイン後に予約しておくことをお勧めします。

その後夜のホテルを徘徊して部屋へ。

部屋に戻り夜景観賞、奥に見えるのが新宿。

この景色を見ながらプロポーズ、The Ritz Carltonにはぴったりかもしれませんが
自分にはまだホテルでプロポーズというイメージがわかず…
一人の時間を贅沢に楽しむ場所として利用させていただいております。

今回はスパ&フィットネスにある「ヒートエクスペリエンス」を利用しました。
いわゆるお風呂ですね。サウナが好きなので、ホテルのお風呂を堪能します。
利用料は宿泊料金とは別途で6380円で利用ができます。
マリオットボンボイのプラチナ会員ですと無料で利用できるようです。

写真は無いのですが……最高でした。
サウナから出て椅子に腰かけてぐったりしていると飛行機の着陸ルートを眺めることができます。
飛行機好きには最高なお風呂ですよ。

チェックイン後に迷子になりながらたどり着いた1階にある「カフェ・デリ」で購入したケーキ。
蓋を開けて驚き。ラウンジで告げた記憶はあるけど、ここまで情報が届いているのはさすがです。

こちらも心配りでいただきました。

翌朝はジムへ、スマホからの予約が必要となっていました。
更衣室が昨今の感染症対策の為利用できず、部屋で着替えてジムへ直接行きます。
プール利用者はバスローブとスリッパでプールまで行くことが可能です。
※プールは2022年6月現在、1組45分の利用時間が設けられています。

軽く走って部屋へ戻ろうとしたら…ここでも誕生日プレゼント。
まさかの「プロテイン byチョコレート味」を頂きました。

The Ritz Carlton恐るべし。

朝食は再びクラブラウンジにて。
ラウンジスタッフは、勿論朝からジムに行っていたことは知っていて
目覚めの一杯ドリンクをサーブしてくれました(小瓶のドリンク)。

土曜日にしか食べられないという限定のオムレツをチョイス、美味しかったです。

部屋に戻り、旅支度。
後述しますが、The Ritz Carlton東京はファシリティも素晴らしいですが
人の温かさが一番だと感じました。

一人訪問だったので会話が増えたことも起因しているかと思いますが。

12hチェックアウトに備えて早めにラウンジへ。

丁度軽食の時間でしたので、「残しても大丈夫ですよ」とのことでしたので軽くいただきました。

クラブラフロア宿泊者の特典として、4種類あると言われている
「ルピシアの紅茶」の一つをお土産にいただきました。

あと3回来てね、というメッセージと受け取りました。

「ザ・リッツ・カールトン東京」宿泊記まとめ

今回は誕生日宿泊でしたが、その情報は瞬く間にスタッフ間で共有され
何処へ行ってもお祝いの言葉を頂きました。

ラウンジ・カフェデリ・スパ・ジム・ゲストリレーション・車寄せ。
「ケーキも飾りつけも不要、そっとしといて」と告げたことで
邪魔にならないように、それでいて配慮をしてくれたものと思います。

中には、どうやって顔と名前を一致させているのだろう…
等と不思議に思うこともありますがこれがリッツ・カールトンのレベルなのですね。

ザ・リッツカールトンに関する書籍はほぼ読み、The Ritz Carltonという存在が神格化していました。
「期待を裏切らないか」不安な気持ちで行きましたが、裏切るどころか超えてきました。

是非、リッツ・カールトンに宿泊される方はスタッフの方と
コミュニケーションを楽しみましょう。

スタッフの皆さんは宿泊客の事を知る為にコミュニケーションを取りたがっています。
それが、もしかしたらザ・リッツ・カールトン・ミスティークへ繋がるかもしれません。

「ザ・リッツ・カールトン東京」知っておくべき4選

・是非、「記念日」の滞在であればスタッフに告げましょう。
・ヒートエクスペリエンスは追加費用を支払うだけの価値があります。
・THE BARのカウンター席は予約がお勧め。
・マリオット公式からの予約でなくてもステータスに紐づけてくださいました。

いかがでしたでしょうか。既に知っている方・知らない方。
この素晴らしいホテルを楽しんでください。

一休.comからの予約では、お得なプランなどが出ていますので覗いてみることをお勧めします。

あなたに合うホテル

ザ・リッツカールトン東京は、ラグジュアリーホテルだけど
スタッフがアットホームに迎え入れてくれる温かみのあるホテル。
一人だけど、構ってほしい方にはお勧めです。

<ザ・リッツカールトン東京のプランを一休.comで見てみる>

対極的なのはアマン。
静寂があり、癒しがあり、サンクチュアリに相応しいホテル。
一人で、誰にも邪魔されたくない時間を過ごしたい方にはアマンがお勧めですね。

<アマン東京のプランを一休.comで見てみる>

 

最新情報をチェックしよう!