飛行機からホテルへ!最高級のホテル「Luxurious Hotel」を探して世界へ!

アメックスプラチナ特典のFHRを利用してLuxuryホテル「Cliveden」に宿泊!

f:id:Solarismile:20191209211924j:plain

イギリス旅行の最終日は城に泊まりたいと思いアメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾートプログラム)を使ってClivedenに宿泊。アップグレードやホテルの中身をご紹介したいと思います。

アメックスプラチナのFHRを利用してイギリスのClivedenに宿泊

f:id:Solarismile:20191209211941j:plain

過去、イギリスの元首やアメリカの大統領も訪問したこの場所は、マナーハウス・ホテルとして現在もナショナル・トラストにより運営されています。
その歴史は17世紀まで遡り、バッキンガム侯爵により建てられた伝統のある建築物となっています。

FHRとは

f:id:Solarismile:20191209220016j:plain

アメックスプラチナカードを保持することで受けることのできるホテルの特典プログラムです。
・チェックイン時の空室状況により、12:00よりチェックイン
・チェックイン時の空室状況により、お部屋をアップグレード*1
・ご滞在中の朝食をサービス(2名様まで)
・客室内のWi-Fi 無料
・チェックアウト時間の延長(16:00 まで)
・ホテルのオリジナル特典

ホテルの上級会員になっていないホテルで利用するには最高のプログラムです。
ただし、直接ホテル公式サイト等から予約するよりも宿泊代金が高くなる傾向があるため
ホテルの上級会員になっている場合などは、特典が被ることもありお勧めできません。
その為、今回はマリオットやIHG、ヒルトン等のホテルチェーンとは異なるホテルを選択しました。
簡単に言うとアメックスプラチナの力とお金の力で暫定的に該当ホテルでの宿泊を
充実したもの(上級会員のような体験)いいものにしますよ。というプランです。

Clivedenへのアクセス

f:id:Solarismile:20191209215654j:plain

ロンドンの西、スローに位置しておりヒースロー空港から26km。車でおよそ30分、料金は6000円~8000円程。
近くにはウィンザー城やイートンカレッジがあります。私はヒースロー空港からUberを利用しました。

チェックイン

f:id:Solarismile:20191209212024j:plain

ホテルへ行くのに閉じられた自動開閉式のゲートを通る必要があります。Uberの運転手にインターホンで連絡して貰います。

f:id:Solarismile:20191209220119j:plain

Guest用のパーキングと送迎用のルートに分かれ、ホテルの正面まで送り届けてもらいました。

意外と庶民的な車も多く比較的年配の方々が多く利用されている印象です。

f:id:Solarismile:20191209212000j:plain

ジェントルマンが荷物をPickUpしてくださり、レセプションまでエスコート。

ジェントルから全然知らない英単語が飛んできましたが、
恐らく名前を聞いているのだろうと察し予約名を伝えます。正解でした。

f:id:Solarismile:20191209212053j:plain

レセプションといっても、カウンターテーブルではなくエグゼクティブラウンジでのチェックインを彷彿とさせます。

f:id:Solarismile:20191209212109j:plain

入った瞬間に豪華な内装が出迎えてくれます。非常に丁寧に、しかも私の英語が怪しいことを悟り分かりやすい言葉で必要な情報を引き出してくれます。中学生レベルの英語でも大丈夫です、実証しました。

f:id:Solarismile:20191209212124j:plain

FHRの説明を受けます。夜の食事の時間や、レイトチェックアウトの時間などを確認。ファシリティの説明が終わると部屋へ案内。

f:id:Solarismile:20191209215228j:plain

建物内はいい感じです。タイムスリップしたようです。

もはや迷路

f:id:Solarismile:20191209212150j:plain

コンシェルジュが部屋まで案内してくれました。が、ルートを覚えるのが大変です。

f:id:Solarismile:20191209212221j:plain

f:id:Solarismile:20191209212440j:plain

f:id:Solarismile:20191209212357j:plain

f:id:Solarismile:20191209212242j:plain

f:id:Solarismile:20191209212323j:plain

f:id:Solarismile:20191209212344j:plain

f:id:Solarismile:20191209212526j:plain

到着。似たような通路が多く、迷子に。こういった古い宮殿はそうなりますよね。

アサインされた部屋

f:id:Solarismile:20191209212632j:plain

HANDMADE QUEEN SIZED BEDS

DELUXE DOUBLE ROOM – 1 KING
WINDE(ワインド)というお部屋にアサインされました。スイートにはなりませんでしたが、2段階アップグレードを頂きました。FHRのパワーですね。

f:id:Solarismile:20191209212617j:plain

入り口から入ると細長い通路があり、メイクルームも兼ねているようでした。クローゼットや装飾品があります。

f:id:Solarismile:20191209212718j:plain

f:id:Solarismile:20191209212746j:plain

ソファの座り心地が気持ちいい。

f:id:Solarismile:20191209212811j:plain

f:id:Solarismile:20191209212957j:plain

バスルームはシャワーブースとは別れており、洗面台が左右に二つ。

f:id:Solarismile:20191209213035j:plain

アメニティはAspreyの瓶に入った物。

f:id:Solarismile:20191209213020j:plain

バスルームはアロマの柑橘系のいいにおいがします。

f:id:Solarismile:20191209212921j:plain

スリッパはもふもふです。いいホテルは「タオル系」「バスローブ」はもふもふです。

f:id:Solarismile:20191209212833j:plain

f:id:Solarismile:20191209212854j:plain

テーブルには紅茶やここにもあるネスレのような機械。

そして1本400円ほどのHILDONのお水、おしゃれですね。

広大な敷地の庭

f:id:Solarismile:20191209213113j:plain

こちらのホテルは広大な庭がありイングリッシュガーデンを見ることができます。
訪問者たちが、お気に入りの景色をブログにあげたりしていますが広すぎて、その景色に遭遇できないという……。

f:id:Solarismile:20191209213131j:plain

f:id:Solarismile:20191209213152j:plain

こちらはホテルの裏手。

f:id:Solarismile:20191209214744j:plain

時計塔。

f:id:Solarismile:20191209213235j:plain

The Long Garden。

f:id:Solarismile:20191209213256j:plain

f:id:Solarismile:20191209214545j:plain

お茶ができる簡易施設も。

f:id:Solarismile:20191209213312j:plain

f:id:Solarismile:20191209213350j:plain

いくつかのエリアに分かれていますが、庭園を中心に散策しています。私は道を間違えて1時間ほどさ迷いました。
f:id:Solarismile:20191209213219j:plain
美しい、のどかな落ち着いた場所です。ピクニックバスケットをLunchなどで作ってもらうことができそうです。

f:id:Solarismile:20191209213427j:plain

天気の良い日には、バスケットにパンとワインを持って庭園の散策もいいですね。

晩御飯はAstor Grill

f:id:Solarismile:20191209213448j:plain

晩御飯を食べられる場所は3つありました。フォーマルが1つとカジュアルが2つ。
中々のお値段でしたが、ホテルクレジット100$分が合ったので気軽に選ぶことができましたが、一人だったのでフォーマルは避けAstor Grillというカジュアルなレストランへ。

f:id:Solarismile:20191209213510j:plain

場所が分からなかったのでレセプションで聞くと外にあるとのことで連れて行ってもらいました。
ここでコンシェルジュの名前を聞いておいた(チェックインの時と同じ人)ので、後程の面倒ごとをクリアできました。

f:id:Solarismile:20191209213531j:plain

f:id:Solarismile:20191209213549j:plain

ステーキとビール、そしてデザートを注文。一人で食べて、全部で70£近くかかった気がします。イギリスは食事代が非常に高いですね。ホテルだとさらに高い。
しかし、FHRを使っていたおかげで100$(約1万円分)の食事が無料になったのでありがたい限りです。

f:id:Solarismile:20191209213956j:plain

f:id:Solarismile:20191209214013j:plain

レストランからの帰り道、ホテルの敷地内ですので安心して散歩ができます。

朝食

f:id:Solarismile:20191209213941j:plain

朝食は無料でいただけますが、コンチネンタルに限るようです。ホットミールは別途有料メニューになっていました。

f:id:Solarismile:20191209214108j:plain

会場は晩御飯ではフォーマルを頂ける場所。

f:id:Solarismile:20191209214133j:plain

f:id:Solarismile:20191209214149j:plain

ブッフェ式になっています。

f:id:Solarismile:20191209214214j:plain

f:id:Solarismile:20191209214237j:plain

f:id:Solarismile:20191209214308j:plain

f:id:Solarismile:20191209214324j:plain

食事よりも建物が豪華で、そちらに目が行ってしまいます。朝食はシリアル・サラダ・果物・ハム・サーモンマリネ・パン等簡単なものが多かったです。

f:id:Solarismile:20191209214346j:plain

のんびりイングリッシュガーデンを眺めながらの朝食、素敵です。

FHRを使ったかどうかは、共有されていない

f:id:Solarismile:20191209214520j:plain

というわけで、レイトチェックアウトの利用時にゴタゴタが。チェックイン時にレイトチェックアウトの時間を告げていたのですがどうも共有されておらず。
12h以降、ハウスキーピングやら管理人やらがやってくる上、車の手配を頼んだら「チェックアウトは12hまでよ、誰がOK出したの?」「何も聞いてないわよ」みたいな問答のやり取りがあり……。
昨晩、聞いていたチェックインを行ってくれたコンシェルジュの名前を告げて、FHRの件を話すと、理解した様子。
うーん、こういうところは微妙ですね。レギュレーションは周知されているようですが、ホテル側のオペレーション的には対応しきれていない気がします。

まとめ

f:id:Solarismile:20191209214706j:plain

とても静かでいいホテルだと思います。ロンドンに来たらまた利用を考えたいです。
ホスピタリティが高く、ファシリティも整いサービスもよく最高です。イギリス旅行の最終日に、

こちらのホテルをチョイスしてよかったです。
FHRはホテルの会員ステータスを持っていないホテルほど効果を発揮しますのでこういった利用方法は最高ですね。
人の問題は、どこにでもある。という結論が出た気がします。
素晴らしいホテルスタッフ人に出会える旅行になるといいなと思います。

f:id:Solarismile:20191209214844j:plain

f:id:Solarismile:20191209215003j:plain

タクシーをホテルで呼んでもらったらベンツが来ました。
高級ホテルで利用するタクシーは高級車(ハイヤー)なのがいいですね。

■ホテルの口コミをTripadvisorで見る
 ・「Cliveden」の口コミを見る

ロンドン郊外にあるマナーハウスホテル「Cliveden」のSPAをご紹介

最新情報をチェックしよう!