ホスピタリティの探求!最高級のホテルを探して世界へ!滞在記などをレポートしていきます

NH13便、NH30便、羽田⇔伊丹搭乗記!新ルート体験は窓際お勧め

2020年11月、京都旅行に利用。
復路は新しくなった伊丹空港、そして羽田空港新ルート(南風時)を体験しました。

ANA NH13便羽田空港→伊丹空港

NH13便は朝0700初の早朝便。

やっぱり飛行機に乗れるとなるとワクワクします。
今回は機材変更があり、B787-8(78P)ドリームライナーにて大阪伊丹空港行。
国内線仕様は335席 (内12席がプレミアムエコノミークラス)。

金曜の朝でしたが、それなりに利用者がいらしたように思います。

機内ではドリンクサービスも。
スープを頂き、カップに描かれたスヌーピーがかわいい。

1時間のフライトはあっという間でした。
アップグレードが可能なようでしたのでプレミアムクラスには
空きがあったものと思われますが、伊丹区間ですと1時間という
短さでプレミアムクラスはもったいない気もします。

伊丹空港散策

時勢の影響もあり、伊丹空港内の人数は少数でした。
とはいえ、平日でしたので無理もないかもしれません。

お決まりの日課は「HORAI」で豚饅を一つ買って展望台へ行き
飛行機を眺めながらその味をかみしめる事。

最高です。

飛行機を眺め、会社へのお土産を探しに行きます。

お土産は関西圏限定の高級プリッツ「バトンドール」。
事前に調べていた「高級プリッツ」が小さくて値段的にも安価。
関西限定且つ、空港限定味もあり決定打に。

ギフト用の3パックを購入して、保安検査場へ。

今回のフライトはユナイテッド航空のマイルを使った
特典航空券でのフライト。

提示した予約番号が古く、成田行きだったものが欠航になり
羽田行に変更しており、そちらの新しい予約番号を提示するのを忘れ
てんやわんやのチェックインとなりました。

保安検査場を通過し、たこ焼きを目指して一路フードコートへ。
新しくなったお土産エリアには「HenriCharpentier」が出店していました。

再びたこ焼きを目指します。

「たこ焼きくくる」でのたこ焼きを頂きました。
流石にラウンジでの「匂い範囲攻撃」は迷惑になると思いましたので避けました。

ANAラウンジで時間つぶし、ハイボールとナッツを頂きフライトまで待ちます。

ユナイテッド航空特典航空券で入ろうとしたときに機器が通らず
ラウンジスタッフのお姉さんが対応してくれました。
「マイレージ紐づけがされていない為だと思う」とのことで
対応後は問題なく機器を通すことができました。

伊丹空港のANAラウンジも以前改装されて広くなっています。
コロナ対策もしっかりされています。

ANA NH30伊丹空港→羽田空港 新航路 新宿方面入り

搭乗、NH30便羽田空港行。
帰りは往路よりも混んでいました。

帰りの機材も787となりました。

隣の座席も後ろの座席も、、CAさんなのかGSの方なのかわかりませんでしたが
周囲をANAスタッフに囲まれるという謎座席配列になりました。
Apple WatchをつけられていたのでCAさんかもしれません。
皆様羽田への応援組でしょうか、とてもお疲れの御様子でした。

ニュースで読みましたが、契約社員程既定の回数を乗務してもらう必要がある為
頻繁にフライトが設定されるのだとか。通常の正社員の方が手持ち無沙汰と、
とても変な感じですね。

大変な時期ですが、何とか乗り越えてほしいです。

さて、いよいよ伊丹空港を離陸し羽田空港へ向かいます。

南風の場合

※画像は国土交通省ページより

今回は初めての新羽田航路(※)となりました。
オリンピックに合わせ発着が増便されることを想定し多くの便が離発着できるよう
航路を新たに見直したものです。
羽田空港への新ルートは風向きにより変わり、南風時は千葉方面から山手線を反時計回りに入り
新宿方面から羽田へ向かいます。
北風時には羽田空港の南側から入る形になります。今回は「南風」。

皇居をわき目に

東京タワーを通過。

そしてベイブリッジから羽田空港へ。このルート気に入りました!

伊丹発羽田行は左側の座席がお勧めですね。

1時間と言うフライトでしたが、やはり飛行機は楽しい。
そして普段は見れない景観に頭が刺激されるのでストレス解消にもつながっています。

また、近いうちに搭乗出来ればと思います。

最新情報をチェックしよう!